夢を叶えたいなら競馬学校に行くべし「狭き門を突破せよ」

HOME>レポート>競馬学校を続けるコツ《馬に愛を持って接する》

競馬学校を続けるコツ《馬に愛を持って接する》

競馬

大きく稼げる仕事

プロのスポーツ選手になると、高額収入を得るチャンスが生まれます。プロ野球やプロサッカーは選手寿命が短いですが、長く一線で活躍することが出来るのが、競馬の騎手ではないでしょうか。平均年収は1500万円とも言われていますし、引退をした後は調教師や調教助手として競馬界に残ることが出来ます。競馬学校に入るには狭き門ですが、情熱を持っていれば夢は叶えられるのではないでしょうか。女性騎手の活躍も目立っていますし、華やかな世界でスポットライトを浴び続けることが出来ます。競馬学校の倍率は十倍を超える年もありますし、実力と運が必要な試験だと言えます。三年間みっちりと学んだ後には、華々しいデビューが待っています。

競馬

馬との調和

競馬学校で学ぶことはたくさんありますが、やはり最も重要なのが馬の扱い方ではないでしょうか。レースや調教は危険と紙一重ですし、馬の扱いを間違えると命を落としてしまいます。騎乗論を含めた、フォームの確立が求められるのではないでしょうか。全寮制である競馬学校では、体重の管理も重要な鍵を握っています。実際のレースでは斤量が指定されますし、決められた体重に抑えることが出来ないと、騎乗停止になってしまうことがあります。外部との接触も禁じられますし、プロスポーツの中でも厳しさは随一です。中学を卒業して競馬学校に入る生徒が大半ですが、稀に高校を卒業してから入る生徒もいます。50歳で現役の騎手も増えていますし、やりがいを感じる仕事です。