着付け教室に行こう!プロを目指すなら必読

HOME>レポート>着付け教室のカリキュラム内容は様々【自分に合った選択をしよう】

着付け教室のカリキュラム内容は様々【自分に合った選択をしよう】

着物

自装と他装

着物は日本の民族衣装であり、昔は誰でも当たり前に着こなしていたものですが、今では自分で着られる人の方が少数派になっています。成人式や結婚式などの大きなイベントはもちろん、同窓会や発表会などの集まりで着物を綺麗に着こなしていれば、周囲の注目を集めることができるでしょう。しかし自分で着られないとプロに着付けをしてもらう必要があり、お金はもちろん予約などの時間と手間もかかります。自分できっちり着こなしたいという方は、専門の着付け教室で学ぶのが効率的です。多くの着付け教室では、まず自分自身が着こなす方法(自装)を学びます。そして一定のスキルが身についた段階で、他人に着せる方法(他装)も学ぶことができます。

着物

まずスクール選びから

着付け教室に通う準備として、まず自分が何を学びたいのかはっきりさせることが大切です。自分が着られるだけで十分だというなら、できるだけ料金の安い教室を探しましょう。自治体などが主催・後援している教室なら安心して通えます。家族に着せたいとか、いろいろな着物に応用したいという場合は、体系的な授業をしている着付け教室を選ぶ必要があります。このような教室では段階ごとに検定があり、最終的には自分で着付け教室を開くこともできるようになります。着付け教室のホームページには、たいてい授業の内容や料金が掲載されているので、目的に合っているかどうかを調べてから申し込むようにしましょう。料金が明示されていなければ、問い合わせてみるのも一つの方法です。