着付け教室で基礎を学ぶ「着付け教室はどうやって選ぶ?」

HOME>トピックス>気軽に通える着付け教室【着付けの基礎を学んで着物美人を目指そう】

気軽に通える着付け教室【着付けの基礎を学んで着物美人を目指そう】

女性

着付け教室の選び方

日本の伝統的な服装と言われている着物を着るためには、着付けを知っていなければキレイに着ることができず着崩れの原因にもなってしまいます。そのため、着物を着るのであれば着付け教室に通って基礎から学んでおきましょう。着付け教室にも様々な種類があるため、着物を持っていない人でも気軽に利用することができます。
着物や小物類を全部準備できていない人は、着物や小物類一式をレンタルできる着付け教室を選びましょう。着付けを極めたいという人は、師範を目指すために必要なスキルが学べる場所を選んでみてください。着付け教室によって、学べる内容が異なるため事前にカリキュラム内容をチェックしておくと良いでしょう。

女性

目的を明確にしておこう

着付け教室には、様々な種類があり、場所によってカリキュラム内容が異なるため通っているうちに何を学びたかったのか分からなくなってきた・・・という人も多く存在します。そのため、通う前にしっかりと自分の目的を明確にしておきましょう。目的が曖昧なままでは、本当に必要な知識を学ぶことはできません。

着物が活躍するイベント

和室

入学式・卒業式

着物は日本人の正装の1つでもあるため、入学式や卒業式にも着ていくことができます。小さい子供の入学式だと、着崩れしてしまう心配があるため、子供が大きくなったときの正装の1つとして利用しても良いでしょう。

結婚式

子供の結婚式や友人の結婚式に、着物を着ていくのも良い方法です。子供の結婚式の場合、多くの母親は着物を着て出席しているため着付けのスキルを持っていれば、自宅で着て式場に向かうことができるでしょう。

展示会

書道家や陶芸家などの展示会にいく時にも、着物は役立ちます。着物を普段着として着ている人もいるため、カジュアル過ぎる格好は避けたいという場合の服装として役立つでしょう。